DIARY 日記・エッセイ

2014年04月25日

[ YOKOSO!JAPAN 大使 ]

東京オリンピックに向けて

VISIT JAPAN大使の集いで栃木県鬼怒川温泉に来ています。

観光庁、関東運輸局の皆さま、
こうした場を頂きましてありがとうございました。
篠原審議官、JNTO(日本政府観光局)の加藤理事、
そして観光運輸局の又野局長、
お世話になりました。

また、全国から集まった12人の大使の皆さん、
本当にお疲れ様でした!!!

本日は「地域における二次交通」から、
「広域地域連携」の話まで討論が白熱しました。

東京五輪に向け、
次ぎのさらなる目標である、
訪日外国人観光客2000万人に向け、
課題はたくさんありますが、
可能性は限りなく大きい。

特に「温泉」、「温泉旅館」は、
観光資源であり、
キラ―コンテンツです。
私も行政の皆さん、VJ大使の皆さんと共に、
外国人観光客の方々が日本に「湯めぐり」に来るような
そんな仕組みづくり、外国に向けたプロモーションを仕掛けていきます。

やはりこういう会合には様々な出会いがありますね。
本日は、外務省の関係の方に声をかけて頂き、
各国の大使館のみなさに向けて、
温泉指南のレクチャーや原稿執筆の機会を頂けそう。
本日の出会いをさらに広げたいと思います。

さて、本日、栃木県を代表する有名な天然氷で作られたかき氷、
めっちゃっ美味しかった。
雪を食べているようなふわふわな氷でした。

湯は素晴らしく優しい。
このところ5月、7月に出版する本の仕上げで忙しく、
睡眠不足が続き、実は今日は疲れきっての参加でしたが、
鬼怒川温泉で復活。
明日のシンポジウムもたくさん発言します。

登壇しました写真をご提供頂きました観光経済新聞の江口英一さん、
ありがとうございました。

2014年04月22日

[ 新刊情報 『だから混浴はやめられない』 ]

オ―ル読物 ヤマザキマリさんとルシウスと混浴!

本日発売の『オ―ル読物』で、
『テルマエロマエ』の原作者のヤマザキマリさんと
対談させて頂いていますが、
イラストも描いて頂きました。

なんと,
ヤマザキマリさんとルシウスと私が
一緒に入浴、混浴してる!
嬉しいです。

記事も、
温泉を仕事にしてきた者ならではの
笑える話が満載。
是非、ご覧になってください!

2014年04月15日

[ 携帯より ]

観光立国

先月、観光庁にて温泉レクチャ―をしてきました。 昨年末、外国人訪日観光客が1000万人を突破しました。 次の目標である2000万人を目指すには、 温泉、旅館がキ―になってきます。

ですので、
観光行政の皆さんには温泉のことを深く理解していただきたく、
機会があれば話をさせて頂いています。

今週も、霞が関の皆さん、
企業にお勤めの方々が集う勉強会で
レクチャ―をします。

先週は、星野リゾ―トの記者発表会に行って来ました。
久しぶりに星野社長にもお会いしてきました。
インバウンド戦略をよく練られていました。
こうした動きも、
どんどん記事にしていきたいと思っています。

2014年04月07日

[ 長岡花火 鎮魂の「白菊」 ]

長岡大花火大会 鎮魂の花火「白菊」 | バリアフリー温泉

今日、嬉しい知らせが。
私の著作がアジア各国で翻訳されることになりそうです。
契約や作業などはこれからですが、
嬉しい限り。
また進捗をこちらでご報告します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先週、ひとつ大きな原稿を編集者に送りました。
この1年、しんどかった……。
まだ編集者とのやり取りはしますが、
ひとまず、完全燃焼。
ほっとしています。

このブログでも何度か記しました
故郷長岡の伝説の花火師・嘉瀬誠次さんを描いた「白菊」の話です。

多くの方々の深いご理解により、
「白菊」の原稿が方々に渡り、読んで下さったテレビ局の方が
ドキュメンタリー番組をつくってくださることになりました。
番組内では、私もインタビュアーとして出演させて頂く予定です。
撮影にも立ち会いたと思っていますし、
可能なら、もう一度、
あのシベリアの地に立ちたいと思っています。

撮影は5月からです。
テレビ局の制作スタッフのみなさんは、
ドキュメンタリー番組をつくってこられたベテランの方々です。
ご指導頂きながら、気持ちを引き締めて、
残る仕事をしたいと思いますし、
良いインタビューとなるよう、集中していきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、今発売中の『はつらつ元気』の親孝行温泉では、
伊勢志摩・鳥羽の宿を紹介しています。
バリアフリー温泉も、
秋には本にしたく、動いています。


〜〜〜現在連載中〜〜〜
毎月22日発売 『オール読物』(文藝春秋) 「温泉のひみつ」
毎月1日発売 『はつらつ元気』(文芸社) 「親孝行温泉」
毎月2回 観光経済新聞 「温泉はにっぽんの宝 旅に出よう!」
4月よりスタート 日本農業新聞 

近況はアメバブログでも!
http://ameblo.jp/mayumiyamazakionsenkonyo/

FBもやっています!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002123705074

FBの公式ページは、
FBに登録していない方でもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%84%E3%81%84%E6%B9%AF%E3%81%A0%E3%81%AA-%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BFOfficial/463908537021050

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91%82de%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-1%E6%97%A55%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%81%B2%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%81%E7%BF%92%E6%85%A3-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4103164328


http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B7%B7%E6%B5%B4%E3%81%AF%E3%82%84%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4106102854/ref=pd_bxgy_b_img_y


http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B7%B7%E6%B5%B4%E3%81%AF%E3%82%84%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4106102854/ref=pd_bxgy_b_img_y

『恋に効く!パワースポット温泉』(文藝春秋)
http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F-%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E6%B8%A9%E6%B3%89-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4163732403/ref=pd_sim_b_3

2014年04月05日

[ お知らせ ]

武雄温泉 朝活 | オール読物(文藝春秋)ヤマザキマリさん対談 | 映画テルマエロマエ

現在実施中(3月16日から4月13日まで)の「武雄温泉しあわせの朝」
朝がゆ、座禅、朝ヨガと朝活プログラムがあります。
私は、共同浴場元湯を紹介します

『テルマエロマエ』の原作者であり、
多くのメディアで発言されていますヤマザキマリさんとの対談原稿が
編集部から送られてきたので読みました。

対談前、もし盛り上がらなかったら、
私が原稿をまとめようくらいに思っていましたが、心配無用。
ヤマザキマリさんのお話、とっても面白かったです。
ヤマザキさんとは年も近いですしね。
お互いの温泉レポ―タ―時代の話から、好みの湯の話、男性論まで、
近いものがありました(笑) 

掲載は、映画「テルマエロマエ供弩開直前の
4月22日発売の『オ―ル読物』(文藝春秋)。
ダブルやまざき(ヤマザキ山崎)対談です。

ヤマザキさん、温泉レポ―タ―、過去の仕事と思いきや、
本日、温泉地からの生中継の依頼がありましたので、
引き受けましたよ!

〜〜〜現在連載中〜〜〜
毎月22日発売 『オール読物』(文藝春秋) 「温泉のひみつ」
毎月1日発売 『はつらつ元気』(文芸社) 「親孝行温泉」
毎月2回 観光経済新聞 「温泉はにっぽんの宝 旅に出よう!」
4月よりスタート 日本農業新聞 

2014年04月01日

[ お知らせ ]

ラム酒ルポ 本当初の蒸留所「ナインリーヴス」

昨日、初めて書いた酒のルポが無事に校了。
昨年、本州初となるラム酒の蒸留所「ナインリ―ヴス」が誕生した。
ルポは蒸留所を訪ねたものだが、
知らないことばかりで楽しかった。

あの黒糖の、ラムの、豊かな香りを表現したかったが、
なかなか言葉がみつからず、香りの表現ってホント難しい。

4月20日発売の『嗜み』(文藝春秋)に書いています。
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/search/book_list.cgi?author_name=%E6%96%87%E8%97%9D%E6%98%A5%E7%A7%8B%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%87%BA%E7%89%88%E9%83%A8
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の原稿を元に1時間のドキュメンタリ―番組の制作をして頂くことになりました。
先週、制作部長とプロデュ―サ―に会ってきました。とても信頼できる方々でした。
何より、ドキュメンタリーをずっと撮られてきたご経験があるので、
力をかしていただこうと思います。
私は、番組内ではインタビュアー役で出演することになりそうです。

放送は、年末か年始の特番だそうですが、
撮影は急いでいます。

長らく戦時中の頃の話の聞き書きをしてきました。
これまでも拙著「ラバウル温泉遊撃隊」の番組制作の話は度々あったのですが、
取材対象者がすでに鬼籍に入り、断念せざるおえませんでした。
これから撮影が始まる企画の主人公も92歳。
なんとか、活字だけでなく、映像としても残したい、
そんな気持ちでインタビューに向かおうと思っています。

カレンダー

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
このブログのフィードを取得